真夜中にツキは巡る

主にマンガワンの圧勝、将棋、4CASTといった好きなものを中心に語ります。

【マンガワン 圧勝】第126話 感想や予想など

 

日曜恒例の圧勝語り←

 

めっちゃ話が進むと思われた矢先に怪しげな()

 

話は双と接触を図るテツたちから。

テツ、釣りしてるおじさんに救われてたんですね()

テツがあの時の仕返しをしにきたと分かっても怯まないどころか昔のことを引き合いに出し挑発

双もなかなかメンタル強い←

 

そして、主人公と双のターン。

主人公、デブ(山崎悠人)の動画を見ており神田さんが薬を持っていることは割れてると。

双が自分は大塚だとシラを切るもまどかのSNSから神田と呼ばれてるのは分かってるとテツの?切り返し。

なかなか良い攻め。

 

しかし双、仮定の話としながらそうゆう薬を持っていたとしてもこの国では何の問題もないと。

でも薬の所持は問題なくても、その効果を知った上でばら撒いていることが明らかになれば何らかの罪に問われてもおかしくないかなとか←

 

双にシラを切られ動揺する主人公。

山崎が死んだのは薬のせいでは?との問いにもはぐらかされ、いよいよ双に銃口を向ける主人公。

それを見た双、銃刀法違反現行犯逮捕だと←

これは正論←

薬の方は解決してもこれで主人公が捕まるのは避けられないような()

 

そして、テツに薬はまだあるか確認する主人公。まだ家にあるそう。

実は西園寺の携帯に着信を入れ会話の一部始終を聞いてもらっていたよう。しかもそれのバックアップを取ってもらっているようで。

これは超有能←

これは最終回も近いかな?()

 

と思いきや、まどかが主人公を止めようとしてきて今回はここまで。

まどかほんと余計←

一気に片がついてもおかしくなかったのに不穏な←

こうゆうのここから怪しくなっていきますよね〜

 

折角良い感じに追い詰めていたのにまどかがねぇ…

双の為に動いても利用しかされないでしょうし、下手したら命も危ない気が←

まどかがこのいざこざに巻き込まれて死んだらこの作品内では珍しく薬の使用でも使用者によるものでもない死となるような。

 

薬はテツの家にもあるようですが、それで解決に事足りるなら明里が手にする展開にする必要がなかったと思うので先にテツの家の薬を回収されてしまうか明里が(真さんの為にか恋敵を消す為に)使ってしまう展開になるのではないかと←

いずれにしても100話以上も見てるとそんなすんなり行くとは思えないですね←

とは言え次回も進展が望めそうなので楽しみですね〜

では!

 

圧勝はこちらから読むことができます

 

マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ