真夜中にツキは巡る

主にマンガワンの圧勝、将棋、4CASTといった好きなものを中心に語ります。

将棋ウォーズ⑤次の一手的な

 

今回も自身の棋譜から次の一手風なものを(そんなすっきりしたものではないかもしれませんが、やらなくて後悔したので反省の意を込めて

先手が私で左美濃から雁木に組み替え4筋から交換を入れて飛車が下がったところから。

f:id:mouluck:20190509220219j:image

ここで相手の飛車を取る前段階として9六歩と突いたのですが、それに気づかれたのか△6五桂と跳ねてくる強襲に出てこられ飛車に逃げられてしまいました…(それでも評価値的にはだいぶ良かったのですが)

ただ、どうせ手に入れるなら桂馬より飛車の方がいいですし、ここは分かりやすく▲7五銀でどうでしたでしょうか

△9四飛ならこちらは9筋の歩を伸ばしていって△7四歩〜7五歩ぐらいでも飛車銀交換でこちらが得でしょうし、単純に△同飛▲同歩でも同様に飛車銀交換なので得してますよね〜

逃げる手として△8四飛は考えていてそれなら▲9五角から桂馬が取られるといけないので△8三飛とすれば銀で更に追いかけていっていいかなとは読んでいたのですが…

 

まぁ結局評価値的にはいいなら別にと思われるかもしれませんがここから次第と模様を悪くしていき負けてしまったので後悔が←

折角自身より高段の相手に良さげな局面を作れただけに無念だったなと。

こうゆう何気なさそうな局面でも得できる手が潜んでいるのが将棋の面白いところですよね〜

確実に行こうとするところに生じる油断や思い込みもまた勝負の大敵であることを学びました〜(白目

ではまた