真夜中にツキは巡る

主にマンガワンの圧勝、将棋、4CASTといった好きなものを中心に語ります。

【マンガワン 圧勝】第127話 感想や予想など

 

予想だにしなかった展開が!?

 

冒頭は前回から引き続き双と主人公たちのやり取りの場面。

主人公、まどかに止めるように言われ一瞬心が揺らぐものの双が黒幕であるからと覚悟を決め…?

その後、テツが俺がやると代わりを申し出たことから主人公は動揺していて標準が定まらない感じだったのかな?(額から流れる汗と手元に書かれたガタガタという演出から言っても)

でも一応は腹は決めていて撃つつもりのようにも見えry←

 

まぁテツが双をやるのも分かりますよね

何せ自身がやられかけたんですから

 

そこはいいのですが…

 

次のテツの台詞が予想だにしていなくて←←←

 

「オレさっき薬飲んだんだよな。」

 

えっ!?!?!?

 

今まで薬飲んで生きていた人はいませんよね?

テツも周りに流していたから薬を使ったらどうなるか分からないはずがなく…

だから覚悟の上でですよね

自分では使わない癖に例の薬で一般人を不幸に陥れていた双への意趣返しのつもりでしょうか…

もうこれでこの件の結末はどうあれ、テツはここまでということに…

過去の事件もテツの証言があれば警察の方で結びついていきそうなものだったのに…

きっとここで物語が解決ってこともないでしょうから事態はちょっと怪しくなっている気が←

 

テツ、主人公とまどかをその場から立ち去らせようとする。

そしてまどかがいかにもアレな女の子が言いそうな台詞を…しかし、言い切る前にテツは見切った切り返しを←

そして去る主人公とまどか。

まどかみたいなタイプは苦手で見ていても反吐が出ry

この一連のやり取りの中でテツがハルコへの負い目を感じさせる発言をしていたのも感慨深く。

悪の道に染まってはいたものの良心が無い訳ではなく、また頭のキレる方でもあったし、今までのことを考えると褒められた人間ではないにしろ、ここで居なくなってしまうのも惜しくなるキャラクターでしたね…

 

そして、2人になる双とテツ。

テツ、薬の効果を知らないなどとすっとぼける双を押し倒す。

ただでさえ相手は薬を飲んでいて、しかも自分を恨んでいるに違いない人間であるにも関わらず、押し倒されても抵抗を全くしない双は何を考えているのだか。

何か秘策があるんでしょうか。

おまけに、最後にと零に電話をするもののもう使われていない番号になっていて、すっかり諦めてしまったようで…

そこでいよいよテツがブチッと衝動的になるスイッチが入った所で今週は終わりという。

 

 

双ってここでフェードアウトするようなキャラには思えないのですが絶体絶命のピンチすぎて…

も、も、もしかしてここで双の能力が明らかに!?

 

そしたら次回のついに気付いちゃったねという双の発言も違和感ないような←

テツと双の仲なら気付いていてもおかしくないですし、もしかしたらその能力があるからテツが薬を飲んだということもあり得…?

テツもこの事件が明るみになれば矢面に立たされる方だとは思いますけど、それにしてもここで命を落とすことを選ぶようなそんなキャラだとも思えないですし、この予想の方がしっくり来る気が←

 

それか零が助けに来て、双の兄さん愛が深まるなんてこともあり得るのかな()

 

しかし圧勝って予想をしたところで毎回上回ってくる超展開で飽きませんね←

からしたらどうして一部で叩かれているのか理解できないぐらいには面白い作品なのですが←

 

(Amazonアソシエイトの申請が通らないのですが、通ったら圧勝の単行本をここに紹介したく〜😵

単行本の表紙絵とかも魅力的ですし←)

 

いよいよ能力バレの展開か、はたまた予想外の展開かどうなるのか来週も楽しみにしています

ではまた!